英訳

特色

原著論文、学会抄録、スピーチ原稿、その他社内文書等、あらゆる原稿の日本語から英語への翻訳を承ります。
迅速・高質・安価を理念とし、 Native Check込み で納品致します。

取り扱い分野

投稿論文(医学、薬学、歯学、生化学、生物学、看護学、環境、農業、工学、化学、数学、物理、スポーツ学、心理学、ナノ・マイクロ科学、IT、等)、法令・規則・ガイドライン、試験報告書(薬理、薬物動態、毒性、治験実施計画書/プロトコール、症例報告、有害事象報告、PMDA相談資料、等)製剤開発・品質保証(CMC、規格、品質試験報告書、分析法バリデーション報告書)薬局方関連資料、医療機器の取扱説明書、研究計画書、ホームページ、パンフレット、契約書、病院案内、プレスリリーフ等々

翻訳士について

スタッフには退官した教授、博士号取得者、製薬会社で報告書の翻訳業務に携 わっていた者、臨床医、元研究員等、専門性の高い翻訳士が多数います。

翻訳士紹介(一部)

京都大学文学部卒、某翻訳学校(Medical Course)にて学び、代表のムローゼックが開催するメディカルセミナーでトレーニングを積み、弊社の正社員として28年にわたり翻訳しています。ガイドライン、専門書、薬の報告書、学術論文等、英語には定評があり、ご指名のお客様も多くいます。

T某大学教授退官後、弊社にて翻訳活動開始(翻訳歴13年目)
「医学英語論文作成に特化したGoogle検索法」のサイトを解説しています。

獣医師、アメリカでの研究歴7年(Ph.D)、翻訳歴15年で臨床、バイオ等の学術論文の翻訳多数

歯科医、カナダでの研究歴7年、歯科文献の英訳を担当している。

医学修士、翻訳歴15年で遺伝子、ウイルス,微生物,生化学の学術論文を中心とする翻訳多数

料金と納期

元の和文400字を1枚とし、5,000円とさせていただいております。
受注時のご依頼状況により多少前後することがありますが、10枚(4,000字)程度のもので10日から2週間です。また、抄録でしたら原則1週間位で納品します。お急ぎの場合はご希望期日に間に合わせますのでお知らせください。(期日により、2~3割の至急料金がかかります。)
また、内容と分量によりますが、当日~翌日納品が可能な場合があります(この場合のみ4割増)。
この場合も、もちろんNativeチェック込みですので、お急ぎの場合、まずご相談ください。
※ 料金は全て税抜き表示です

試験報告書等の大型案件について

毒性、薬理、臨床試験(プロトコール、治験報告書)、薬事関連資料等の英訳は秘密保持契約を結び、請け負っています。 翻訳の質、納期、料金ともにご満足頂けるものをご提供しています。

お願い

高品質の英訳のため、できれば以下の点に御協力ください。 図表(データの入ったもの)、referencesのリスト等も送付ください。 部分訳を御希望の場合は前後関係が理解できるような資料を送付下さい。 可能なら専門用語を記載、参考文献(英文)を送付下さい。

Q&A(よくある質問)

内容を知りたい質問項目をクリックすると回答が表示されます。

利用されている方のご所属やお名前は?

同業会社のサイトなどでは、「利用者のお名前・ご所属の掲載」などを紹介しているところもあります。もちろん許可を頂いての掲載でしょうが、弊社では、お客様の情報の掲載(公開)は控えております。
論文の「校正、翻訳、編集等」を業者に依頼している事を他の方に知られるのは抵抗のある先生方も多いのではと思います。ましてや不特定多数の方が見られるネット上で「ここで校正・翻訳してもらっている」と公開するのは、業者にメリットがあっても先生方になんのメリットがあるでしょうか?

お客様の論文掲載実績は?

同業会社のサイトなどでは、「お客様の声や論文掲載実績」などを紹介しているところもあります。
弊社では、翻訳後(Nativeチェック込み)どこの雑誌に掲載されたかなどのフォローアップのお伺いは行っておりません。取り扱い論文が多いというのも理由のひとつですが、掲載論文は著者の研究成果であり、その行程で弊社は英語のサポートを提供したに過ぎないからです。その業績を弊社の宣伝に利用したいとは思いません。
もちろん、時々クライアントから○○に掲載されましたとのご連絡を頂く事があり、その喜びをスタッフで共有いたしておりますが、「ご満足度を尋ねたり」、「弊社の実績としてサイトに載せても良いですか?と許可をとったり」は一切しておりません。
弊社をご利用くださった方が同僚等にご紹介くださり、口コミで広がっていき30年の実績を積んできました。弊社のお客様はリピーターや紹介が一番多く、コスパが高い(良い)とよく言われます。お客様の情報をWebなどに載せることなく、誠心誠意お客様のニーズにお応えしていきたく思います。


pagetopへ