投稿支援メニュー

Submission Support

翻訳や校正をした論文が、雑誌に掲載となり研究成果が発表されることが私たちのモチベーションであり、喜びです。

ジャーナルの選択(35,000円)(納期:1週間)

「内容に合致しているジャーナルで、できるだけ高いレベルのものを知りたい」
「多分野の研究者に出来るだけ読んでもらいたい。」
「採択までの時間が早いものに投稿したい」 などの際にご利用ください。

論文の内容から、投稿に適した雑誌を4つ程度推薦します。
雑誌名、出版社、インパクトファクター、発行回数、雑誌の特徴、審査方法、選択理由と類似論文の掲載、現状の論文がその投稿規定にあっているか等をレポートします。

「投稿規定チェック」「投稿規定に合わせての仕上げ」
(作業量により異なります:10,000円から40,000円が目安です)

(下記の項目は、論文校正依頼時にご利用ください。
通常の校正の納期プラス3営業日を基本としていますが、
作業量やお客様とのやりとり等により納期が異なります)
投稿規定のURLと雑誌名をご連絡ください。

パターン1)投稿規定に沿って論文が書かれているかどうかをチェックし、不足している情報や、不適切な箇所を指摘します。(文字数が規定にあっているか、正しい順序で記載されているか、図表のフォーマットがあっているか、レファレンスの書き方があっているかなど)

パターン2)投稿規定に合わせて論文を編集します。
論文の構成、タイトルページの作成、画像編集、カバーレター作成、レファレンスリストの編集をします。
Referencesの書き方は、投稿規定によってHarvardスタイル、Vancouver スタイル、AMAに準拠など異なりますので、規定通りになるように仕上げます。また、記載内容が正しいかどうか、PubMedなどを利用して確認します(ネットで確認が取れないreferencesに関してはPdfを送っていただくか、お客様に確認していただくことになります)。

文字制限に関して、表現のカットだけでは足りず、大幅なカットが必要な場合は、内容のカットが必要となりますので、お客様との相談で仕上げることになります。 また、投稿規定に矛盾があったり、明確でない場合、代理で編集局に問い合わせる作業もいたします。

ジャーナルへの代理投稿(オンラインのみ)(30,000円から40,000円)(1週間程度)

著作権、同意説明文書などジャーナルが求める提出書類がある場合は、ご連絡し、書き方などの相談も承ります。
ジャーナル投稿用の著者のアカウントを作成し、必要事項を入力し、投稿していきます。オンライン投稿を採用する多くのジャーナルでは、最終確認用PDFファイル(論文、図画、表などをまとめた一枚のPDFファイル)が生成されます。そのPDFを確認いただき、それで問題なければご連絡ください。こちらで承認ボタンを押して投稿完了です。(完了通知は雑誌社から著者のアドレスに行きます。)

 ※投稿料、印刷料など投稿・出版にかかる実費は含まれません。 

お客様と共に

弊社が1984年に「医学英語総合サービス」を創業しました時、基礎や臨床の英語論文の校正が中心でしたが、仕事を進めるうちに、英語が苦手というお客様の声を受け翻訳を開始いたしました。時代の流れにそって、バイオや遺伝子、スポーツ科学、看護学、などの分野のご注文が増えていきました。

以前は、「翻訳や校正を納品したらそれで終わり」投稿作業はお客様でというスタンスでしたが、2000年頃から「投稿規定がよくわからない、あるいはタイプフォーマットの仕方がわからないので規定合わせをしてほしい」というご相談を受けるようになり、対応するようになりました。2010年頃から「Webからの投稿の仕方がわからない」などのご相談を受けるようになり(最初の頃は、Webからの投稿ではなくお客様のメールから文書を添付というのもありましたので、研究所に出かけて行ったこともありました)、代理投稿を承るようになりました。さらに、昨年より「どこに投稿したら良いのかわからない」というお客様の要望に応えるため、雑誌選択のサービスを始めました。

大学環境の変化もあってか、投稿支援のニーズは高まっており、何らかの投稿支援を毎日行なっています。
お客様が長い時間と労力でやっと作成された論文が掲載となりますようお手伝いできれば幸いです。

文責:取締役 岡田京子