TOOLS

論文管理ソフト「Mendeley」で論文を管理、閲覧、さらに引用文献一覧を作成する

ダウンロードした論文のPDFファイルを整理し、必要なときにすぐに見つけられるようにするのも、研究者としての仕事を進めるうえで大切なことです。無料で利用できる論文管理ソフトはいくつかありますが、特に高く評価さえているのが「Mendeley」です。PDFファイルなどをオンラインで扱い、論文管理ソフトならではの機能を無料で利用できます。

PDFファイルの論文情報を自動抽出する

Mendeleyを利用するには https://www.mendeley.com で、メールアドレスによる登録を行います。Mendeleyはウェブブラウザで利用できますが、Windows・Mac向け、さらにAndroid・iOS向けアプリも無料でダウンロードできます。@example.ac.jpなど)で、研究施設に所属しているかどうかを判断するためです。

Mendeleyに論文のPDFファイルをアップロードすると、タイトル・著者・アブストラクト・掲載誌・掲載ページ・DOIコードなどを自動で認識します。ファイル内の単語も読み取るので、後から簡単に検索できます。

毎回PDFファイルをアップロードするのが面倒なときには、デスクトップアプリの「Watch Folder」機能を使います。「Watch Folder」とは、指定したフォルダにあるPDFファイルを自動でMendeleyにアップロードする機能で、一般的なクラウドサービスに似ています。

MendeleyはPDFファイルの管理だけでなく、論文閲覧ソフトとしても優秀です。PDFファイルのテキストにマーカーをつけたり、コメント(画面では「Note」と表記)をつけたりできます。他のユーザーとファイルを共有できるので、共同研究者同士で執筆中の論文を校閲する場所としても使えるでしょう。

引用文献一覧を作成する「Word Plugin」

もうひとつ、Mendeleyの便利な機能が「Word Plugin」です。この機能は、Microsoft Wordに専用のプラグインツールをインストールして、引用文献の一覧を簡単に作成するものです。

引用文献を記載するときの形式はジャーナルによって異なりますが、ジャーナルに合わせて形式を選択できるのも、Mendeleyの特徴です。『New England Journal of Medicine』や『Lancet』といったメジャージャーナルを含めて、主要なジャーナルのほとんどをフォローしています。

このように論文の管理、閲覧、引用文献の作成に便利なMendeleyですが、無料アカウントで利用できる容量は2GBです。5GBを使うには月額4.99ドル、10GBを使うには月額9.99ドル、無制限に使うには月額14.99ドルかかるため、扱うファイル数によっては有料アカウントにするのがよい場合もあります。また、日本語には正式に対応していないため、日本語検索能力はやや劣りますが、英語の論文を扱うのであれば問題ありません。

まずは、無料アカウントで使える範囲内で試すのがよいでしょう。特に、Microsoft Wordと連携した引用文献作成機能は優秀です。この機能を使うだけでも、Mendeleyを利用する価値はあるといえます。